歯科治療でのレントゲンの必要性

歯科医院にて「あー、レントゲンを撮られると医療点数が上がって、医療費が高くなる」なんて思ったこともありますけれど、しかしそんなことは微々たる問題だったのです。だって、レントゲンを撮らないとわからないことがたくさんあるのですから。

なんだかものすごく当たり前のことを言っているとは思うのですが、しかし本当のことなものですから。とくに歯に関しては「見えていないところ」こそ重要だったりしますからね。現に私の場合、「歯自体はとくに問題がないように見えていたけれど、しかし歯の根っこのところがものすごく悪い状態だった」ということがありましたからね。

そのことは、別件にて江坂で評判の歯周病歯医者に行った際に発覚したのです。「念のために」と、レントゲンを撮ってもらって、そして大変な事態がわかったのです。ですから「レントゲン代」を気にしていた私をぶん殴ってやりたいですよ。レントゲンでの撮影があったからこそ、すぐに対応ができたのですから。

ちなみにその後切開をしての手術をすることとなりました。そのぐらいに重大な病状がレントゲンからわかったのです。結果論ですが、「レントゲンを撮影してもらって本当に良かった!」と思っていますよ。