歯医者に行って苦しむ方がよっぽどマシ!

歯磨きは出来ていると思っていましたが、虫歯になる時はなるものですね。
冷たいものがしみる感覚が頻繁にあったので、知覚過敏だと思い込もうとしていましたが無理がありました。

 

眠っていて、頭に響くようなガンガンした痛みで目が覚めて、「これは無理だ」と思ってやっと開いていた審美歯科に行く覚悟をしたという感じの経緯になります。まずレントゲンを撮ってもらって、問題の個所を特定。最終的には銀歯になりました。

 

歯の治療中で地味にキツイのが、治療中の唾液のやり場。飲み込むこともできないし、吸引してくださいと声を上げることもできない、これがなかなか苦しかったです。

 

驚いたことといえば、なにかの液体を歯の表面に塗布されて見せられた、鏡に映った紫色の歯。
「これ全部、磨けてない証拠です」と言われて、歯医者さんの歯ブラシを買って帰りました。市販のブラシとの違いは正直よく分かりませんでした(笑)歯医者は好き好んで行きたい場所ではないと思います。

 

でも、歯医者に行かないで苦しんでいる時間よりも、歯医者に行って苦しむ時間のほうがよっぽど短いです。