子供の生活習慣を正す良い機会かも

思い返してみると、小学生の頃以来、一度も虫歯は出来ておりません。理由は簡単であの痛い思いを二度としたくないからです。チュイ~ンという鋭い音とともに、これまた鋭い痛みが走る時の恐怖と言ったら……もうねえ、耐えれませんよ。なもんで、治療のたびにワンワン泣きわめいていましたし、足もバタバタさせていたものです。先生からするとかなり厄介な子供だったに違いありません(恥)。でもね、おぼろげながら覚えているのが「もうこんな痛い思いをしたくなかったら、しっかりと歯磨きをするんだよ」と先生から言われた事です。これを境にして、毎食後しっかりと歯磨きをする習慣が身に付いたんですよね。また、歯磨きの習慣が身についたことで、生活習慣も良くなった気がします。部屋を片付けるようになりましたし、宿題もきっちりするようになりました。早寝早起きを心がけるようになりましたし、野菜もきちんと食べるようになりました。そういう意味では虫歯が出来たことも、あながち悪くはなかったのかな、なんて思ったりしている今日この頃です。なんというか、子供の生活習慣を正す良い機会になるんじゃないかな。あの痛みはそれくらいの衝撃度です。

PR|実績で選ぶ歯周病治療を大阪で|