大人になって残った乳歯を抜く治療で

前歯の右隣の永久歯の上に、数年ほど違和感があったのですが、痛さなどがなかったため放置していました。
ただ、その歯がずれているため、前歯の歯並びが少し悪く、並びを整えるためクラウンを被せようと口コミで話題の審美歯科へ行きました。

 

すると、その永久歯の上の違和感は、乳歯の抜け残りだと言われ大変驚きました。その上、それを抜かなければ、クラウンを被せられないと。
その日のうちに、その抜け残りの乳歯を抜く治療をするという話になりました。部分麻酔をするので、痛くないし、信頼していた歯医者なので、治療を了承しました。

 

ですが、部分麻酔をしている部分は歯茎のみ。乳歯の抜け残りは、ほんの欠片程度だったので、まず器具で掴むことが難しく、何度やっても抜けない。

 

掴んでも、器具がスッポ抜けるので、その度麻酔のかかっていない上唇の内側に器具があたり、とても痛かったです。さらには、抜いてる最中も上唇の内側に、器具が当たり続け、更に痛かったです。

 

最終的には、勢い良く抜けたのですが、治療が終わってからも唇の痛みが抜けず、歯医者へ行くのがしばらく嫌になりました。