歯の根元に膿が溜まって鈍痛に苦しんだ

数年前の事ですが、前歯の膿で地獄のような苦しみを味わいました。

 

上の右2番目の歯の根元のあたりに、違和感とも不快感とも言える奇妙な感覚を覚えていたのです。
激痛ではなく、じんわりとした腫れぼったいような嫌な感覚と言えばよいでしょうか。
まるでその部分だけが自分の体でない様に感じるのです。

 

もっとも日常生活には特に支障もなく、食事も普通に出来たので、「数日もすれば良くなるだろう」と勝手な判断を下し放置してしまいました。
それがやがて耐え難い感覚となって四六時中悩まされることになったのです。

 

あえて形容するなら知覚過敏の鈍痛バージョンといったところですね。
鼻の下あたりにそのような感覚が常に付きまとうのです。

 

 

結局、歯周病の治療で通院した歯医者に駆け込んで早期治療をお願いしたのですが、担当の先生からは「もっと早く来るべきだった」とお叱りの言葉を受けました。
どうやら膿が溜まりすぎて骨が溶けだしているようです。

 

治療方法は歯の裏側から穴をあけて膿を取り出すというものですが、これが地味にキツいんですよ。
痛いわけではないのですが、歯の内部をゴリゴリとえぐられる様で、嫌な汗がどっと噴き出てしまうのです。
しかもこの治療は膿が治まるまで数回にかけて行わなければなりませんでした。
完治するのに2か月ほどはかかったと思います。

 

 

やはり歯に違和感を感じたらすぐさま歯医者に行った方がいいですね。
対応を先延ばしにしても何も良い事なんてありません。